キャッチャーの強化=リリーフ陣の強化

試験が終わり、今までのファミスタライフにやっと戻れました!


ということで今は、9月3日の対抗戦に向けて、実戦感覚を取り戻している所です。というかもう取り戻しました(笑)。この2ヶ月間で入れ替えリーグを3試合ほどと、COM戦を5~10試合くらいはやったので、ほとんど問題なく試合をできています。





さて、1週間ほど前、キラキラルーレットがリリースされた頃に、かずさん相川SPを頂きました。




11相川sp








えっ・・・





いや・・・










えええええ!!!





いいんですか!?これ結構良いカードとトレードできますよ!それを僕なんかに!あ、あれですか!間違えてプレゼントボタンを押しちゃったパターンですか!今からでもお返ししましょうか!?あ、いや、返しません!



↑興奮してますね~(笑)

本当にありがとうございました!入れ替えリーグの正捕手として使います!後日、リード3で使えるWP40のリリーフピッチャーを紹介していきたいと思います。




また、限定WP700リーグではWPの関係で、引き続きたろすけSPを使っていこうと思います。

11たろすけsp






また、相川SPの加入により、3年間通年リーグの正捕手を守り続けてきた矢野SPがついにレギュラー落ちとなりました。

11矢野sp

矢野さんありがとう。僕はあなたの勇姿を忘れない。
スポンサーサイト

自分史 2008-19

第1回の記事はこちら前回の記事はこちら



前回は2008年デッキの先発ローテーションを紹介しました。全てWP50です。WP55の先発ピッチャーも数枚持っていましたが、それはあまり使いませんでした。なぜなら、使い勝手が悪かったから!!
今回は、表舞台に立つ事が無かった残念なカードを紹介します。



残念なカード達の中でも、唯一出場機会があったカードがあります。それは、



朝倉健太
08朝倉
とてもバランスが良くて使いやすそうですね。手に入れたばかりの頃に何試合か使っていました。ただ、球威が42と低く、WPを5余計に使う価値が無いと判断してローテーションから外しました。

今考えると、少なくともリオス・金子・田中に次ぐ4番手としては十分な能力だと思います。デッキにも余裕があったので、使った方が良かったなと思います。ただ、朝倉の時だけデッキのWPを調節するのが面倒くさかったのでしょう・・・。





斉藤和巳
08斉藤和巳
かつての大エース・斉藤和巳。高速フォークを武器に、無類の強さを誇りました。
しかし、ファミスタオンラインではずっとシュートが10F。あまりにも使いづらすぎます。





和田毅
08和田毅
奪三振の数に応じて発展途上国にワクチンを送っている和田。ホークスの柱として活躍していますが、やっぱりシュート10Fがネック。ホークスのピッチャーってこういうの多いですよね。



小林宏之
08小林宏
シュートがFに下変化はA。当時は落ちすぎるフォークはあまり使えなかったので、コバヒロも出場機会はありませんでした。




木佐貫洋SP
08木佐貫sp
スペシャルカードとはいえ、これでは使いたくありません。コスパ悪いなぁ・・・。

一応発動画像も載せておきましょう。

08木佐貫sp発動




WP55になったとたんに使いやすさががくっと落ちました(笑)。このシーズンは、WP55の良い先発ピッチャーに縁が無かったようです。


さて、僕が持っている2008年シーズンの先発ピッチャーの最高WPは60。1枚だけ持っています。それは誰でしょう?
























答えは、

































ハンゲームSP
08ハンゲームsp
まさかの育成選手!当てられた人はまずいないと思います(笑)。
このカードは確か、SSPでの育成の機能が追加されたときに配布されたカードだったと思います。当時は育成コーチを付けられなかったので、酷い能力になっています。守備力はE、肩は21です・・・。

育成コーチ無しだと、野手では逆境、投手では対4番といった役に立たないスキルが付きやすかったですね。


スキル発動!

08ハンゲームsp発動

この画像を撮るために初めてハンゲームを登板させました(笑)。発動シーンも初めてです。

このカードに失望して、結局育成は全くと言っていいほどしませんでした。





カードの良し悪しはWPの高さではない。これらのカードはそのことを僕に教えてくれました。

自分史 2008-18

第1回の記事はこちら前回の記事はこちら



2008年シーズンの中盤に手に入れたWP50の先発ピッチャー。彼らはシーズンの最後まで先発ローテーションを守る事になります。そんなローテーションはこちら!





ダニエル・リオス
08リオス
スペイン出身で、アメリカ、メキシコ、韓国と渡り歩いた後、2008年にヤクルトに入団しました。4月に早速来日初勝利を挙げますが、その後成績は伸びず、2勝7敗。6月に禁止薬物の使用が判明し、自由契約となりました。

結局日本球界では活躍できなかったのですが、ファミスタオンラインにはかなり良いカードが残りました。バランスの良い変化量、十分な球速、球威、スタミナを誇ってWP50。かなりコスパのいいピッチャーだと思います。シーズンのほぼ最後まで、ローテーション1番手として活躍しました。



金子千尋
08金子千尋
オリックスのエース・金子。リオスとほとんど同じ能力ですが、少しだけリオスよりも劣ります。それでも球威はBで、良いコスパを誇ります。




田中将大
08田中
当時プロ2年目の田中。既に楽天の中心選手となっていました。鋭いスライダーに豊富なスタミナ、球速も十分です。左変化が29なので、装備品を付けて左変化Dにして使っていた人がかなり多かったと記憶しています。


この3枚をローテーションの軸として使っていました。どれもこれもコスパがいい!!



投手デッキ2008-3








それから、その頃獲得はできなかったのですが、対戦相手が使っていて羨ましく感じるカードがありました。

それは、


平野佳寿
08平野

球威も40台後半あります。コスパ良すぎ!
この平野を見るたび、「平野いいなあ」「平野いいなあ」と思いながらプレーしていました。


次回は番外編!?



次回の記事はこちら

自分史 2008-17

第1回の記事はこちら前回の記事はこちら



僕の2008年度デッキにおける、先発投手へのWP配分は50。別に扇を持っていたわけではありません。単純に、いいカードを持っていなかったのです。今回は、シーズン中盤~終盤にローテーションを守っていたカード達を紹介します。




山井大介
08山井

日本シリーズ8回完全男、山井。武器はなんと言っても鋭く曲がるスライダー。WP45と低いですが、このような特長があると使ってみたくなります。
僕はこの山井にスキルアップでピンチ1を付けました。


08山井発動

ピンチ1って悪くはないですけど、そこまで興奮するスキルでもないですね(笑)。





西口文也
08西口

「完全試合まであと一歩」男、西口。彼もまた鋭いスライダーを武器にしていて、三振の山を築きます。球威Dに不安を感じますが、下変化が高い分、山井よりも西口を優先して使っていたと思います。




リック・ガトームソン
08ガトームソン

ヤクルト→ソフトバンクに在籍した助っ人。ヤクルト時代の2006年にはノーヒットノーランを達成しています。バッティングもよく、日本球界では通算3本塁打、場外ホームランもかっ飛ばしています。

ファミスタでは、「下変化が高すぎて使いづらい」という当時の価値観もあり、あまり使っていた印象はありません。当時は、「下変化はDくらいが丁度良い」と考えていました。記憶にはないですが、下変化Dくらいのピッチャーを好んで使っていたということは、落ちないフォークを痛打されることが多かったのではないでしょうか。





大竹寛
08大竹

能力のバランスがとれていて使いやすいカードです。WP50の先発にしてはちょっと物足りない気もしますが、シーズン終盤までローテーションを守り抜きました。







それから、今も語り継がれるあのカード


朝井秀樹
08朝井

どう考えてもWP50はあるだろという、鬼コスパを誇る朝井。ロッカールームで確認したところ、僕も所持していました。ただ限定リーグで使った記憶がないんです。多分、先発カードが揃った終盤に獲得したんだろうと思います。
このカード・・・、やばいでしょ!!



次回、投手陣がさらに強力化!!



次回の記事はこちら

自分史 2008-16

第1回の記事はこちら前回の記事はこちら




前回の記事でも紹介したように、リリーフ陣が強化され、WP45、WP50のリリーフをデッキに入れられるようになりました。もちろんWP700のデッキです。一般的な感覚だと、「リリーフにWP割きすぎじゃないか?」と思うところですが、野手陣がなかなか強化できていなかったので、これでも十分WP700に収まっていました。
和田一浩、イ・スンヨプが中軸を張っていたあの頃・・・。




さて、前回紹介しきれなかったリリーフ陣を載せていきます!



江草仁貴
08江草

奪三振も与四死球も多いというタイプの江草。この頃は登板数が多く、リリーフとしてはかなり高いスタミナ34を誇っています。僕の場合はどうしても右変化23が気になってしまいます。でも当時このカードを使っていたと言うことは、「シュートがこの程度でも案外抑えられるのか?」というかすかな希望を僕に与えてくれます。

トレードにより、現在は西武に在籍しています。





川崎雄介
08川崎

2008年に29ホールドを挙げ、最優秀中継ぎ投手に輝きました。トレードにより、現在は阪神に在籍中。
ちなみに2008年、巨人の加治前がこの川崎からプロ初打席サヨナラホームランを放っています。





西村健太朗
08西村

力強いストレートとシュートが持ち味の西村。左右に曲がり、使いやすいタイプのカードで、今でも大会でお世話になることがあります。扇の要を手に入れたら真っ先に使ってみたいリリーフ投手です!



次回、2008年デッキの主力先発投手が続々登場!?



次回の記事はこちら
07 | 2011/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
時計
プロフィール

まっさふみ

Author:まっさふみ
監督名:まっさふみ
巨人ファンですが純正デッキは作っていません。

所属クラブ:絶対的守護神
絶対的守護神ロゴ
リーダーのかず28号さんのブログはこちら

2012年度目標
①外野フルコンボ(済)
②正捕手にリード2以上(済)
③アカデミー育成。オール45以上(済)
WP825デッキ作りの目標
①阿部にリード2以上(済)
②岩瀬の獲得(済)
③森野SPに打撃スキル(済)
④廣瀬SPに打撃スキル(済)
⑤井口SPに打撃スキル(済)
鳥谷(銀)の獲得
⑥松田の獲得(済)
外野コンボ ターゲットは・・・
【3拍子枠】
 廣瀬純SP(済)
【打撃重視枠】
 景清SP(済)
【アカデミー枠】
 (済)
リード2 ターゲットは・・・
【高WP用】
 阿部慎之助(済)
【低WP用】
 和田どん(済)
アカデミー選手育成状況
目指せオール45!
ミート  53(達成)
パワー 46(達成)
バント  51(達成)
走力  52(達成)
肩    52(達成)
守備力 55(達成)
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR