ランニングホームランのレシピ

新シーズンが開幕して約2週間ですが、チャレンジCOM戦の進み具合はいかがでしょうか。僕は全く手を付けていません(笑)。

特に苦戦するのが、レベル9-2と9-3に待ちかまえる打率6割、ホームラン8本というミッション。SPカードが増えてやっかいになる前に片づけておこうという方も多いと思いますが、例の方法を使えばいつでも楽にクリアできるので、僕はのんびりやっていこうと思っています。


では、その例の方法とは!?それは、夢のランニングホームラン!




今回はその方法を、約1年前に書いた記事をベースに説明したいと思います。







デッキは、走力55以上、できれば走力60以上のカードで固めた俊足デッキにします。できればバントの数値も高いといいです。



COM戦において、ランナーが挟まれるという状況を作ってしまえば、COMが送球する間に次の塁に進むことができます。それを初めて紹介したのはこの記事

ランナーが塁間に挟まれた場合、切り返しをうまく使ってCOMに送球をさせ、その間に進塁します。


切り返しの場所は以下の場所です。

新攻略2

例えばこの画像だと、1塁ランナーが1塁方向に走っていき、「ここ」でAボタン、つまり2塁に向かって方向転換すると、COMは1塁に送球してくれます。ランナーの走力が十分高ければ、送球を受けたファーストがすぐに2塁に投げ返しても間に合わず、セーフになります。
こうして、一二塁間に挟まれさえすれば、ランナーは2塁まで進むことが出来ます。


同じように、

新攻略3

新攻略4

二三塁間、三本間もこの位置で切り返します。


これよりも戻りすぎると進塁が間に合いませんし、ここより先の場所で切り返すと、相手は送球せずにボールを持ったまま追いかけてきてしまいます。

ただし、この単純な切り返しの方法は、1塁→2塁では簡単に成功しますが、COMのレベルが上がってくると、2塁→3塁、3塁→本塁がなかなかうまくいきません。というか、走力70ないと無理だと思います。そこで、切り返しの位置を変えます!
2塁→3塁の場合、

新攻略5
ちょっと先の場所で切り返し!!
前に書いたとおり、サードはボールを持ったまま追いかけてきます。そこで素早く
Sボタン→Aボタン!つまり、一瞬元の塁に戻る動きを見せて、直後に再び進塁するという動きをします。これでCOMのサードは2塁に送球してしまい、セカンドがすぐにサードに投げ返してもセーフとなります。

同様に3塁→本塁の場合も、

新攻略6
ここで切り返して同じようにすれば、走力60あれば生還できます。あ、盗塁の時はキャッチャーの肩が異様に強くなるので、3塁→本塁の進塁はかなり厳しいです。盗塁以外で挟まれた場合ならいけます。







これで切り返しテクニックは完璧。さて、本題はここから!







これで盗塁は稼げますが、盗塁だったら昔の仕様でも簡単にできていたんです。1,3塁からの盗塁をすれば。問題はホームランです。なんとしてもランニングホームランを達成したい!!どうすればいいか・・・。



とりあえず、COM戦で分かっていることは、
・ランナー3塁から内野ゴロを打つと、COMはバックホームしてくれる。
・1,3塁から2,3塁にするのは簡単。
・ランナーが挟まれる状況を作れば進塁は可能。→バッターランナーが三本間に挟まれる状況を作れればランニングホームランが可能。


これを使って・・・、

































見つけましたよ。ランニングホームランの新しい方法を!!


では早速手順を。
①何でもいいから出塁します。
②盗塁、盗塁で3塁へ進みます。
③ヒットを打ちます。(無死または1死3塁ならば、ゴロを打てばCOMはホームに送球するので内野安打となります。バントをすればいいでしょう。2死の場合は、とにかく頑張りましょう。)

新攻略7
④画面が切り替わる前に、ランナーを2塁に進めます。3塁ランナーをうまく動かしながら、この進塁をアシストしましょう。
新攻略8
⑤そのまま3塁へ向かいます。キャッチャーは3塁に送球します。
新攻略9
⑥一旦2塁方向に走り、先ほどの「ここ」で切り返して再び3塁へ向かうと、COMは2塁へ送球します。
新攻略10
⑦この送球を確認したら3塁ランナーもホームに向かってスタート!
新攻略11
⑧COMはホームに送球してくるので、3塁ランナーは戻ります。
新攻略12
⑨下の形ができたらこっちのもの。あとは落ち着いて操作できます。※後ろのランナーが3塁を占有するようにします。
新攻略13
⑩まず、↓+Aボタンで前のランナーだけがスタートして、
新攻略14
⑪三本間の真ん中あたりに来たら、後ろのランナーもスタート。COMは3塁に送球します。
新攻略15
⑫COMがすぐにホームに投げ返すも、前のランナーは既にホームイン!そして・・・、
新攻略16
バッターランナーが三本間に挟まれました!!あとは、記事の前半で紹介した方法を使えば、バッターランナーもホームインでき、ランニングホームランの完成です!!


また、バッターランナーを3塁に留めておいてこの方法を繰り返せば内野安打を量産でき、打率もクリアできます。
1,3塁で止めておいて、1塁ランナーの盗塁を起点にこの方法を使えば、内野安打→盗塁→内野安打→盗塁・・・を繰り返すことが出来ます。クラブミッションが盗塁で、入れ替え戦でCOMに当たったらこの方法で盗塁数を稼ぎましょう!(この場合、ランナーの足が遅くても盗塁可能です。)




COM戦ではパワー重視デッキなんてもう使いません。今年もこれでホームラン8本を目指したいと思います。
スポンサーサイト

コンボ確認法

僕は初めて知りました。コンボの補正能力を見る方法を。


公式掲示板に書いてあったのですが、

相手の攻撃中、ランナーが出た時に牽制した後、守備交代画面を開くと、コンボ補正後の守備力・肩力が確認できるそうです。








11野球くんpmコンボ発動

本当だ!また一つ利口になりました(笑)。



残りの外野手もこの通り

11稲葉コンボ発動


11菊地spコンボ発動

え、外野コンボなのに内野守備力も上がるんですか!?


外野コンボ説明

うーん、たしかに「外野手の守備力・肩が上昇」とは書いてあるものの、「外野手の外野守備力が上昇」とは書いてありませんね。どっちにしろ内野手では外野コンボが発動しないので関係ありませんが(笑)



実際に上昇しているシーンを見られると、コンボを付けた喜びが倍増しますね(笑)。皆さんもお試しあれ!(知らなかったのは僕だけのような気もします 笑)

~システム変更~難易度が跳ね上がりました

9月1日、木曜日。定期メンテナンスが終わってお知らせを確認してみると・・・。


110901アップデート



COMの思考にまた手が加えられたようです。

これ、僕にとっては結構重要な問題です。なぜなら、チャレンジCOMでは俊足カードを使い、COMが送球する間にランニングホームランを完成させているから。


くわしくはこちらをどうぞ!プロフィール欄にも同じリンクを貼ってあるので、是非見てみて下さい。



これで8本塁打も楽々クリアだったのですが、送球の仕様が変わったことにより、この技が使えなくなった可能性があります。それは困る!ということで早速COM戦で確認です。


やってみたらすぐに分かりましたよ。COMがボールを捕ってから投げるまでがものすごく早くなっていました。このせいで、上の走塁の難易度が跳ね上がりました。走力55ぐらいでギリギリのタイミングです。ギリギリまで野手を引きつけて切り返そうとしたらそのまま野手にタッチされてアウト!という場面も多くなりました。


ただ、これは腕を磨けばなんとかなる範囲の問題です。実際、新しい仕様でもランニングホームランは可能です。
これにて一件落着。










と思ったら、まだまだ問題がありました!


この、「捕球から送球までの間隔が劇的に早くなった」という仕様は、人間のマニュアル守備にも適用されています。
更に、捕球直前に矢印+Aボタンを押せば、捕球してからタイムロス無く送球することが可能です。これを「送球の先行入力」と名付けておきます。以前から送球の先行入力はできていましたが、タイムロスが更に短くなっています。これにより、ランナーを刺せる可能性が高くなりました。これで俊足ランナーの長所は封じられ、ますますパワー偏重になっていくのでしょうね。



ただ、守備側にとっていいことばかりではありません。送球の先行入力は、捕球の直前に矢印+Aを押すことでした。この操作って他にもありますよね。


そう、ダイビングキャッチ

捕球の直前に矢印+Aを押すと、どちらの操作としてみなされ、実行されるのか?試してみたところ、送球の先行入力でした。つまり、今までのタイミングでダイビングしようとしてもダイビングできなくなってしまいました。ダイビングをするためには、今までよりももっと早いタイミングで矢印+Aを押す必要があります。でも、ダイビングキャッチってギリギリの打球に対して行うものですよね。打球を追って追って、最後にダイビングをするからダイビングの意味があるので、今後ダイビングキャッチの重要性は薄れていくと思います。





とシステム改変によって生じた問題を挙げてきましたが、問題はまだあります!これが一番の問題かも。それは、



ダイビングキャッチとしての操作が、送球の先行入力としての操作としてもみなされてしまうということ。例えば、先ほどのようにかなり早いタイミングで→+Aを押してダイビングキャッチに成功したとします。すると、その後何もしなくても、野手はすぐに1塁に送球してしまうのです。

意図しない塁に外野手が勝手に送球してしまえばランナーに進塁される恐れがありますし、一番悲惨なのは1塁線、3塁線の打球に飛び付いたとき。例えば3塁線の打球に飛び付いたら、サードは捕球と同時に無人の3塁に送球します。最悪です・・・。


一応、この対処法も見つけました。それは、ダイビングの操作を行った後、野手が捕球する前に改めて送球の先行入力の操作を行うことです。例えば、先ほどの3塁線の打球を処理する場合、かなり早いタイミングで←+Aを押してサードをダイビングさせ、サードが捕球する前に→+Aを押します。僕はまだやったことはありませんが、流れるような美しいプレーが見られるでしょう。これ、かなり難しい操作だと思っています。できない場合は、ダイビングキャッチはしないほうがましです。





と、たった2行で告知されたシステム変更のせいでこれだけ問題点が噴出しました。一応全ての解決策も見つけましたが、俊足カードとダイビングキャッチの価値が薄れたという点ではかなり不満です。できれば元の仕様に戻して欲しいのですが、この記事で書いたことを運営に理解させる自信がありません。さて、どうしよう・・・







と書いた後に公式戦に参戦したところ、上の仕様はCOM戦のみの現象だということが判明しました。それならこのままでいいや。「COM戦ではこうなるから気を付けよう」と頭の片隅に入れておいてもらえれば幸いです。

COM戦のホームランで僕が頑張ればいいだけですね。応援よろしくお願いします(笑)

続きはこちら!

ファミスタメンタルマネジメント

サービス開始から5年。
ファミスタオンラインは未だに多くの問題を抱えています。

古くはバグスト、今でも、外角二度曲げ、ボール球をヒット、故意落球、壁投げ、暴言・・・。全てが禁止行為ではありませんが、これらを嫌う人も少なくなく、楽しむためにゲームをやっているのに逆にイライラすることもあります。おかげでうちのキーボードがとても頑丈だということが分かりました(笑)



そこで、僕が実践しているイライラ解消法を紹介します。




①相手に敵意を持たない
外角二度曲げを繰り返され、最前列スイングでボール球をことごとくヒットにされる。そんな時、「なんだよこいつ。まともに勝負できないのかよ。」と思ってしまうととたんにイライラしてきます。

こんなとき、相手の身になって考える必要はありませんが、「嫌な奴だ。」というマイナスのイメージをせず、あくまで中立的な気持ちでゲームをするようにしています。うまく相手の読みを外せば「よし!」と喜び、ストライクを上手く打てた、ボールを上手く見逃せたことを楽しむようにしています。




②ファミスタオンラインを完璧なゲームだと思わない。
このゲームが完璧なゲームだなんて誰も思っちゃいないでしょうが(笑)、欠陥があるゲームなので、仕方のないプレーが出てきます。
僕は、例えばボール球をヒットにされた時は、
「そうそう、あれが当たるんですよね~。」
とか心の中で(時には小声で)言っています。言葉にすると意外とイライラせずに済みます。

ファミスタオンラインが大好きな方にとって腹立たしい表現をしてしまいますが、これは「欠陥ゲーム」なので、納得できない仕様に対して諦めの感情を持っています。ファミスタオンラインが人生の全てではないので、時には一歩引いてこのような仕様を捉えるようにしています。





③自分自身で実況、解説、ナレーション
②でも少し触れましたが、色々とぶつぶつつぶやいているとイライラが解消することがあります。

「さあ見せ場がやってきました!」「追い込まれた!」「万事休した!」というセルフ実況もあり。
「次は外してくるので見逃しましょう。」「まあフォークが落ちたらしょうがない。」というセルフ解説もあり。
「あの球が当たるのかよ!!」「いい当たりなのに野手の正面だと残念だよね~。」「あんな球振ってんじゃねーぞおらー!」という、珍プレー好プレー風のセルフナレーションもあり。

傍から見れば、ぶつぶつ言ってる気持ち悪い人と思われるかもしれませんが(笑)





僕はこんな感じでファミスタオンラインを楽しむようにしています。それでもどうしてもダメだったら、一旦ファミスタオンラインを離れてもいいと思います。僕は今まで、1ヶ月ぐらいログインすらしない時期が2回ほどありました。それはさすがにやりすぎな気がしますが(笑)、2、3日間を空けてみるのもありだと思います。


その間は、こんな動画を見て大笑いするのもよし。








リラックス、リラックス。

仁義なき戦い

昨日の劇王さんの記事を見て愕然としました。

あの走塁法によるランニングホームランが出来なくなっているというではありませんか!
具体的にはこういう事です。3月10日のアップデートで、COMはランナーがいる塁の1つ先の塁にボールを送るようになりました。このおかげで、ランナーは自由に飛び出すことができ、COMがあっちこっちへ送球している間に進塁できたわけです。それが、現在では、ランナーがいる塁にボールを送るようになりました。つまり、ランナーが飛び出せなくなってしまったわけです。

新攻略1

本当だ・・・。運営はこのブログでも見たんですか?(笑)せっかく開発してものにした技だったのに・・・。完全に運営にやられました。


ただ、ランナーが挟まれるという状況を作ってしまえば例の走塁法は有効なので、盗塁はし放題です。例の記事の方法を少し改良したので載せておきます。

インプレー中にランナーが飛び出すことは出来なくなりましたが、盗塁を仕掛ければ意図的に挟まれる事ができます。そして切り返しをうまく使ってCOMの送球の間に進塁します。

切り返しの場所は以下の場所です。

新攻略2

新攻略3

新攻略4

これよりも戻りすぎると進塁が間に合いませんし、ここより先の場所で切り返すと、相手は送球せずにボールを持ったまま追いかけてきてしまいます。

この単純な切り返しの方法は、1塁→2塁では簡単に成功しますが、COMのレベルが上がってくると、2塁→3塁、3塁→本塁がなかなかうまくいきません。というか、走力70ないと無理だと思います。そこで、切り返しの位置を変えます!
2塁→3塁の場合、

新攻略5
ちょっと先の場所で切り返し!!
前に書いたとおり、サードはボールを持ったまま追いかけてきます。そこで素早く
Sボタン→Aボタン!つまり、一瞬元の塁に戻る仕草を見せて、直後に再び進塁するという動きをします。これでCOMのサードは2塁に送球してしまい、セカンドがすぐにサードに投げ返してもセーフとなります。

同様に3塁→本塁の場合も、

新攻略6
ここで切り返して同じようにすれば、走力60あれば生還できます。あ、盗塁の時はキャッチャーの肩が異様に強くなるので、3塁→本塁の進塁は無理だと思います。盗塁以外で挟まれた場合ならいけます。







これで切り返しテクニックは完璧。さて、本題はここから!







盗塁は昔の仕様でも簡単にできていたんです。1,3塁からの盗塁をすれば。問題はホームランです。僕はまだ9-3をクリアしていないんです。なんとしてもランニングホームランを達成したい!!どうすればいいか・・・。



とりあえず、COM戦で分かっていることは、
・1,3塁から2,3塁にするのは簡単。
・ランナーが挟まれる状況を作れば進塁は可能。→バッターランナーが三本間に挟まれる状況を作れればランニングホームランが可能。


これを使って・・・、

































見つけましたよ。ランニングホームランの新しい方法を!!


では早速手順を。
①何でもいいから出塁します。(おすすめはデッドボール)
②盗塁、盗塁で3塁へ進みます。
③ヒットを打ちます。(無死または1死3塁ならば、ゴロを打てばCOMはホームに送球するので内野安打となります。バントをすればいいでしょう。2死の場合は、とにかく頑張りましょう。)

新攻略7
④画面が切り替わる前に、ランナーを2塁に進めます。3塁ランナーをうまく動かしながら、この進塁をアシストしましょう。
新攻略8
⑤そのまま3塁へ向かいます。キャッチャーは3塁に送球します。
新攻略9
⑥一旦引き返すそぶりを見せ、再び3塁へ向かうと、COMは2塁へ送球します。
新攻略10
⑦この送球を確認したら3塁ランナーもホームに向かってスタート!
新攻略11
⑧COMはホームに送球してくるので、3塁ランナーは戻ります。
新攻略12
⑨下の形ができたらこっちのもの。あとは落ち着いて操作できます。※後ろのランナーが3塁を占有するようにします。
新攻略13
⑩まず、↓+Aボタンで前のランナーだけがスタートして、
新攻略14
⑪三本間の真ん中あたりに来たら、後ろのランナーもスタート。COMは3塁に送球します。
新攻略15
⑫COMがすぐにホームに投げ返すも、前のランナーは既にホームイン!そして・・・、
新攻略16
バッターランナーが三本間に挟まれました!!あとは、記事の前半で紹介した方法を使えば、バッターランナーもホームインでき、ランニングホームランの完成です!!


また、バッターランナーを3塁に留めておいてこの方法を繰り返せば内野安打を量産でき、打率もクリアできます。
1,3塁で止めておいて、1塁ランナーの盗塁を起点にこの方法を使えば、内野安打→盗塁→内野安打→盗塁・・・を繰り返すことが出来ます。入れ替えCOM戦で盗塁を稼いだのはこの方法です。


COM戦ではパワー重視デッキなんてもう使いません。これでホームラン8本を目指したいと思います。


どうだ運営!!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
時計
プロフィール

まっさふみ

Author:まっさふみ
監督名:まっさふみ
巨人ファンですが純正デッキは作っていません。

所属クラブ:絶対的守護神
絶対的守護神ロゴ
リーダーのかず28号さんのブログはこちら

2012年度目標
①外野フルコンボ(済)
②正捕手にリード2以上(済)
③アカデミー育成。オール45以上(済)
WP825デッキ作りの目標
①阿部にリード2以上(済)
②岩瀬の獲得(済)
③森野SPに打撃スキル(済)
④廣瀬SPに打撃スキル(済)
⑤井口SPに打撃スキル(済)
鳥谷(銀)の獲得
⑥松田の獲得(済)
外野コンボ ターゲットは・・・
【3拍子枠】
 廣瀬純SP(済)
【打撃重視枠】
 景清SP(済)
【アカデミー枠】
 (済)
リード2 ターゲットは・・・
【高WP用】
 阿部慎之助(済)
【低WP用】
 和田どん(済)
アカデミー選手育成状況
目指せオール45!
ミート  53(達成)
パワー 46(達成)
バント  51(達成)
走力  52(達成)
肩    52(達成)
守備力 55(達成)
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR