スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲葉篤紀という選手

侍ジャパンの新しい監督に、稲葉篤紀氏が就任しました。
今回の気まぐれ更新では、現役時代には巧打者、そして外野の名手として活躍した稲葉選手を改めて見てみたいと思います。


法政大学在学時の1994年にヤクルトからドラフト3位で指名され入団。

1995年:打率.307、8本塁打、40打点
1996年:打率.310、11本塁打、53打点

プロ2年目でレギュラーを獲得し、125試合に出場しての成績です。

1997年:打率.267、21本塁打、65打点
大卒3年目の25歳がこれだけやってくれたら、ファンはウキウキでしょう!

1998年:打率.279、5本塁打、23打点
1999年:打率.265、2本塁打、22打点
2000年:打率.281、11本塁打、30打点

それまでの3年間と比べると、この3年間は不本意な成績に終わってしまいました。

2001年:打率.311、25本塁打、90打点
ペタジーニと強力な3・4番コンビを形成し、リーグ優勝日本一に大きく貢献しました。

2002年:打率.266、10本塁打、39打点
2003年:打率.273、11本塁打、30打点
2004年:打率.265、18本塁打、45打点

この年のオフにFA宣言をし、メジャー移籍を目指しましたが断念。日本ハムに入団します。

2005年:打率.271、15本塁打、54打点
ここ4年間で何となく「稲葉っぽい成績」というものが安定して見えてきましたね。そんな成績を元に、2006年にスタートしたファミスタオンラインではこんなカードになりました。

06稲葉

平均以上の打力と高い守備力・肩を持った外野手ということで、それなりに使えそうです。

2006年:打率.307、26本塁打、75打点
自己最多の26HRをマーク!SHINJO森本稀哲と共に鉄壁の外野陣を形成し、ゴールデングラブ賞を受賞。日本ハムのリーグ優勝日本一に貢献しました。

こうなると当然カードの能力も高くなります。
07稲葉

打力が大幅にアップ!!なんとバランスのとれた外野手なんでしょう。

2007年:打率.334、17本塁打、87打点
首位打者最多安打を獲得し、2年連続でゴールデングラブ賞も受賞。球界屈指の外野手となり、ファミスタオンラインでも存在感をぐっと高めます。

08稲葉

WP60に到達。この年のASデッキといえば青木、由伸、稲葉でした。

2008年:打率.301、20本塁打、82打点
3年連続でゴールデングラブ賞を受賞。

09稲葉
相変わらずの素晴らしいカードです。

2009年:打率.300、17本塁打、85打点
4年連続でゴールデングラブ賞を受賞。

10稲葉
やっぱり素晴らしいカード!この3年間はファミスタオンラインでの稲葉の全盛期でした。チーム愛デッキとして日本ハムの人気があったのは、この稲葉の影響が大きかったと思います。(もちろんダルビッシュが一番の要因でしたが。)

2010年:打率.287、16本塁打、79打点
大きく成績を落としたわけではありませんが、カードの能力と比べるとやや見劣りする成績で、翌年には能力が下がり、久しぶりにWP55になりました。

11稲葉
しかしそれでも使いやすいカードであることには変わりなく、逆にWPが下がった分入手しやすくなって喜んだ人もいたかもしれません。僕もこのカードは2枚手に入れ、外野コンボをつけて重用していました。

2011年:打率.262、12本塁打、54打点
この年はファーストを守ることが多くなり、ファミスタオンラインでも翌年はメイン守備がファーストになりました。

12稲葉
それでもまだまだ外野守備力と肩が高く、外野手として起用している人が多かったと記憶しています。

2012年:打率.290、10本塁打、61打点
40歳を迎えたシーズンでしたが、ファーストでゴールデングラブ賞を受賞し、まだまだ元気でした。

13稲葉
カードの能力もほとんど変わらず!ファミスタオンラインは2014年初めにサービス終了となり、これが最後の年となってしまいました。

2013年:打率.203、3本塁打、24打点
2014年:打率.234、3本塁打、12打点
2014年をもって現役引退

通算打率.286、2167安打、261本塁打、1050打点
いやー、紛れもなく名選手ですね。
2020年の東京オリンピックで金メダルを獲ることを期待しています!(一試合でいいから見に行きたいなあ)
スポンサーサイト

2016年12月

最後にブログを更新してから3年、ファミスタオンラインのサービス終了から2年10ヶ月が経ちました。

時々懐かしくなってこのブログを見ることがあるのですが、アクセスカウンターを見ると毎日1~2人程度このブログを見てくださる方がいるようです。嬉しいことです。

そんな嬉しさの勢いに任せて記事を書いてみました。
今は2016年12月ですが、先日今年のMVPが発表されました。今のプロ野球界で活躍している選手たちは、ファミスタオンライン最終年の2013年にはどんなカードだったのか見てみます。

パ・リーグMVPは、日本ハムの大谷翔平
13大谷
二刀流として注目を集め続けるスーパースターです。
投げては10勝4敗、防御率1.86、打っては打率.322、22HR、67打点で日本ハムの逆転優勝に大きく貢献しました。
来年オフにメジャーに移籍するとか、協定で契約金が安すぎるからまだ行かないかもしれないとか、話題は尽きません。

2013年はルーキーイヤーで、ノーマルカードは投手として出されました。高校野球の県大会で記録した160キロが最速で、WP40と高卒ルーキーとしては高めでした。


13大谷_新人br
1年目は外野手としての出場も多く、野手カードは新人ブレイクカードとして出されています。肩がものすごいことになっていますね(笑)。



セ・リーグのMVPは広島の新井貴浩
13新井
2013年はまだ阪神に在籍していました。2015年から古巣広島に復帰し、
今年は中軸として打率.300、19HR、101打点を残し、広島の25年ぶりの優勝に貢献しました。広島の快進撃を表す「神ってる」という言葉も流行語大賞になりましたね。




更に遡っていくと、2015年のセ・リーグMVPはヤクルトの山田哲人
13山田
この年は打率.329、38HR、100打点、34盗塁トリプルスリーを達成。ホームラン王盗塁王のダブル獲得は史上初でした。トリプルスリーは今年も達成し、史上初の2回目、しかも2年連続での達成となりました。セカンドでこの打力は魅力的ですね。

2013年のノーマルカードはショートの適正しかなく、まだまだこれからの選手でした。



2015年パ・リーグのMVPはソフトバンクの柳田悠岐
13柳田
打率.363、34HR、99打点、32盗塁で山田と並んでトリプルスリーを達成しました。秋山との激しい争いを制して首位打者も獲得。両リーグからトリプルスリー達成者が出たということで、トリプルスリーはこの年の流行語大賞になりました。

2013年のカードは、まあ悪くはないですが平凡な能力ですね。




もっと遡って、2014年のセ・リーグMVPは巨人の菅野智之
13菅野
この年は入団2年目。12勝5敗、防御率2.33最優秀防御率を獲得し、貧打にあえぐ巨人を救いました。

2013年はルーキーイヤーで、大学時代に記録した157キロがそのまま能力に反映されています。プロでの実績がなかったのでどうしても能力は抑えめになってしまいますね。




パ・リーグMVPはオリックスの金子千尋
13金子
優勝したのはソフトバンクでしたが、デッドヒートを繰り広げた2位オリックスからの選出となりました。
16勝5敗、防御率1.98最多勝最優秀防御率を獲得。

2013年時点で球界を代表するピッチャーで、バランスの良いカードでした。





2013年はファミスタオンライン最終年だったので、MVPカードは作成されています。
セ・リーグMVPはヤクルトのバレンティン
13バレンティンMVP
打率.330、60HR、131打点でホームランのシーズン日本記録を塗り替えました。この年の長打率.779も日本記録です。
チームは最下位でしたが、ついに55本の壁を破ったことが評価されてのMVP受賞でした。





パ・リーグMVPは楽天の田中将大
13田中MVP
24勝0敗1セーブ、防御率1.27。驚異的な成績で楽天を初のリーグ優勝、日本一に導きました。最多勝最優秀防御率の二冠で、5ヶ月連続月間MVPを受賞。通算12回の月間MVPもプロ野球記録です。この年は毎月田中のレインボーカードが出ていましたね。


振り返ってみると、やっぱりプロ野球は毎年面白いですね。来年も期待しちゃいます。

引退宣言

日本時間で12月28日、松井秀喜選手が現役引退を表明しました。


作成松井秀喜
※画像はイメージです。


巨人で10年、メジャーで10年、節目の20年目となった今年はシーズン途中にメジャーに昇格しましたが、打率が2割に届かず、今年限りで引退となりました。


日本プロ野球通算打率.304、1390安打、332本塁打、889打点
シーズンMVP 3回
首位打者 1回
本塁打王 3回
打点王 3回
ベストナイン 8回
ゴールデングラブ賞 3回
日本シリーズMVP 1回

メジャー通算打率.282、1253安打、175本塁打、760打点
ワールドシリーズMVP 1回

プロ通算打率.293、2643安打、507本塁打、1649打点



こうやって数字を並べるだけでも、いかに偉大な打者だったかがわかります。ファンをわくわくさせてくれる、本物のホームランバッターでした。




松井秀喜ホームランの軌跡

松井のホームラン数を、またまたグラフにしてみました。
メジャーに移籍した2003年以降はさすがにペースが落ちましたが、それでも10年中7回が2ケタ本塁打、20本越えは5回達成しています。


もし日本に残ってプレーを続けていたら、どこまでホームラン数が伸びたのでしょう。600本は確実、野村克也さんを抜いて700本、更にさんの記録への挑戦に注目が集まっていたかも・・・。
そんな夢を見るのも悪くないでしょう。




ありがとう、松井秀喜!!
草野球の試合頑張って下さい!

マイナス84パーセント

プロ野球はシーズンオフ。契約更改のニュースが続々と入ってきます。


そんな中、巨人の小笠原選手の契約更改情報が入ってきました。

3億6000万円減の7000万円で契約更改(金額は推定)。
もとの4億3000万円から84%の減額で、プロ野球史上最大の減俸額となりました。

今年の成績は打率.152、0HR、4打点。巨人残留だとしても大幅減俸は予想されていましたが、これほど大きな下がり幅だとは驚きました。



小笠原成績推移


こうやって見ると、やはりここ2年での落ちっぷりがすごいですね・・・。打率が半分になってしまいました。


12小笠原

ついに小笠原をWP45以下リーグで使う日が来るかもしれません。
実績があるとは言え、ミートCパワーCを維持できるかどうかまで落ちそうな気がします。


来年復活するのか、あるいはこのままなのか。ファンとしては、球界屈指の打者がこのまま終わるのは寂しすぎる気がします。もう一度輝きを!!

各種表彰

プロ野球のMVP新人王が発表されました。



まず、パ・リーグ新人王は、ロッテの益田
12益田

72試合に登板し、新人記録の41ホールド、43ホールドポイントを挙げました。防御率1.67



セ・リーグ新人王は、広島の野村
12野村

打線の援護に恵まれず9勝11敗と負け越したものの、172回と2/3を投げて防御率1.98。前田健太と共にダブルエースになれるか楽しみです。




パ・リーグMVPは、日本ハムの吉川
12吉川

6年目の今年に一気にブレイク。14勝5敗、防御率1.71最優秀防御率のタイトルを獲得しました。MVPのプレミアカードのWPは果たしていくつになるのでしょうか?





セ・リーグMVPは、巨人の阿部
12阿部

文句なしです。打率.340、27本塁打、104打点で首位打者打点王の二冠を獲得。キャプテン、正捕手としてもチームを引っ張りました。MVPカードは順当にWP75でしょうか。






間違いなくものすごいカードになるのが阿部、どんなカードに仕上げてくるのかある意味楽しみな吉川、新人王スキルはそこまで強力ではないので、新人王の二人は来年のカードに期待することにします。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
時計
プロフィール

まっさふみ

Author:まっさふみ
監督名:まっさふみ
巨人ファンですが純正デッキは作っていません。

所属クラブ:絶対的守護神
絶対的守護神ロゴ
リーダーのかず28号さんのブログはこちら

2012年度目標
①外野フルコンボ(済)
②正捕手にリード2以上(済)
③アカデミー育成。オール45以上(済)
WP825デッキ作りの目標
①阿部にリード2以上(済)
②岩瀬の獲得(済)
③森野SPに打撃スキル(済)
④廣瀬SPに打撃スキル(済)
⑤井口SPに打撃スキル(済)
鳥谷(銀)の獲得
⑥松田の獲得(済)
外野コンボ ターゲットは・・・
【3拍子枠】
 廣瀬純SP(済)
【打撃重視枠】
 景清SP(済)
【アカデミー枠】
 (済)
リード2 ターゲットは・・・
【高WP用】
 阿部慎之助(済)
【低WP用】
 和田どん(済)
アカデミー選手育成状況
目指せオール45!
ミート  53(達成)
パワー 46(達成)
バント  51(達成)
走力  52(達成)
肩    52(達成)
守備力 55(達成)
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。