スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合値を比べてみる

このブログで何度も話題にしてきた、カードのコストパフォーマンス。略してコスパ。カードのWPに対して能力が高いと「コスパが良い」ということになります。


コスパはカードをぱっと見た感じで判断していますが、もっと数学的にコスパを判断できないか。そんなことを考えて、この記事を書いてみました。


とりあえず一番簡単な方法として、全能力の合計の値を「総合値」として出し、WPとの関係を比較してみることにします。野手の場合、計算式は下の通り。

総合値=ミート+パワー+バント+走力+肩+メイン守備

サブの守備適正を持っているカードが大幅に有利になってしまうため、総合値の計算には含めないことにします。
この計算式は、僕がいつも参考にしてるファミスタオンラインデータベースというサイトと同じです。


横軸をWP、縦軸を総合値とし、2012年度の全てのノーマルカードのデータを載せたのが下のグラフです。


総合値vsWP_12野手

青が実在12球団赤がナムコ緑がレジェンドです。

うーん、こうやって見ると、確かにWPが上がるにつれて総合値が高くなる傾向はありますが、かなりばらつきが大きいですね。WP30の最高カードがWP65の最低カードに勝っちゃってます。

WP70,75の所を見ると、レジェンドはコスパが悪いんだなぁと改めて実感できますね。


さて、総合値ナンバー1のカードは、

糸井嘉男
12糸井
全ての能力が高い水準です。文句なしでしょう!




一方、総合値ワースト1は、WP35の所の赤い四角。こいつは誰かというと、


プーカァ
12プーカァ
ナムコスターズの代打の切り札ですが、打撃能力以外が・・・。特に走力1が、文字通り足を引っ張っています。




ワースト2は、WP45の青いひし形。これは、

山崎武司
12山崎武司
バッティング以外には期待してはいけません。バッティングがだめになったらもうその時は・・・。いやいや、まだまだ元気なおじさんとして頑張ってもらわなければ!



WP65の列にもやたらと総合値が低いカードがありますね。これは誰かというと、

門田博光
12門田
パワーAの強打者ですが、打撃以外の能力が大幅に総合値を下げています。





傾向が見えてきましたね。総合値が低い3枚はいずれも、「打撃はいいがそれ以外はだめ」というカードです。パワーが高いカードは総合値の割にWPが高いという傾向があるようです。
パワーが重要な能力だというプレーヤーの感覚にも合っていますね。


全ての能力を単純に足した総合値では、コスパの良さを測れそうにありません。もっとパワーを重視した指標が必要ですね。




本日の結論。

野球はパワーだ

これでいいのか?(笑)

続きはこちら!

スポンサーサイト

正解はどっち?

2010年11月に実装されてから2年、カードストックはすっかり定着しましたね。同じカードを複数枚集めるとカードの能力が上がるという機能の追加で、スキルアップ以外にも複数枚所持のメリットが生まれました。

さて、何枚集めると何がどれだけ上がるか、しっかりと覚えているでしょうか?おさらいしましょう!


カードストック説明

2枚から12枚まで、2枚ごとに1つの能力が3上がります。そして30枚集めると全能力が更に+1、全部で+4になります。いわゆる「金星」です。

正直野手のバント能力が上がってもあまり嬉しくないので、少ない枚数のうちは、投手のほうがカードストックの恩恵を受けやすいですね。







さて、これだけでカードストックを分かった気になっていてはいけません。もう一つのクラブ対抗戦における効果もおさらいです。

クラブ対抗戦スタックブースト

選手の名前の横にスタックブーストを表す星マークが表示されます。こちらはグループ3人の所持枚数を合計した値を使います。枚数によって、全能力が1ずつ上がっていきます。3人合わせて150枚集めれば、なんと全能力+5!ただし個人で持てるカードは最大で99枚なので、メンバーの大きな協力が必要です。

つまり、個人の30枚ストックで+4、グループの150枚ストックで+5、クラブ対抗戦ではカードストックの効果だけで全能力+9というのが実現可能です!いやー恐ろしい・・・。





ところで説明をよく見てみると、個人戦では「カードストック」という言葉を、クラブ対抗戦では「スタックブースト」という言葉を使っています。ストックなのかスタックなのか、果たしてミスをしたのはどっちだ!?(笑)


辞書を見てみると、

stock:蓄え、蓄積
stack:積み重ね


ありゃ、どっちも正解なのか!?どうやら意味としてはどちらも正解のようです。ただ、個人的にはどちらかに統一して欲しいなぁ(笑)。

2012年度前期決算

今年は例年になくスキルアップをたくさんしました。初めからWP825リーグの存在を意識しながらデッキ作りをしてきたからだと思います。去年まではWP700デッキしか頭にありませんでしたから・・・。



そこで、今年度はどれくらいFCを使ったのか整理しておきます。無駄遣いをしていないかチェックです!

といっても、僕は「なるべくFCを使わないでどれだけファミスタオンラインを楽しめるか」を考えているので、FCの使い道と言ったらスキルリセットぐらいです。苦労して手に入れた高WPカードをいちいちロストしていたら全く先に進めませんから、スキルリセット費だけはケチらずに出します。
だから僕はいつも、所持FCを30で割って、「スキルリセット○○回分あるな。」という計算をしています(笑)。




これまで僕がスキルアップをしたカードは、まずアカデミー選手外野コンボ2を付けました。
J.J.トムソン120922無装備

これは7回目に外野コンボ2が来ました。したがってスキルリセットは6回。1回だけ試しにFPリセットをしているので、FCリセット回数は5回です。

30×5=150FC


それから、このアカデミー選手を複製する前にフル合成を行っています。3つ目まではFPを使っていましたが、4つ目のスキルを付けるのには20000FPかかり、さすがに費用がかかりすぎなので、このときだけFCを使ったスキルアップをしました。

これで150FC

このあと余計な2つのスキルをリセットしたので、

30×2=60FC




更に景清SPにも外野コンボ1を付けました。
12景清sp外野コンボ1無装備

こちらは20回目に成功、スキルリセットは19回でした。

30×19=570FC



次に阿部リード3
12阿部リード3無装備

これは15回目に成功、スキルリセットは14回です。

30×14=420FC


更に、森野SPに打撃スキルを付けようと思ったら全力プレー3という予想外のスキルが来てキープ。
12森野sp全力プレー3無装備

11回目のスキルアップでこのスキルが付き、スキルリセットは10回。

30×10=300FC




最後に、廣瀬SPのスキルアップです。
12廣瀬spチャンス1無装備

こちらは一発でチャンス1が付き、FCを使う必要がありませんでした。




以上合計して、FCによるスキルリセットが50回と、FCによるスキルアップが1回。今年はここまで総額1650FCを使いました。



強いて言えば、アカデミーをフル合成する必要はなかったかなと思います。既に今の時点でアカデミーは12枚に到達してアカデミーポイントが余っている状態なので、「スキルアップをして枚数を減らしてアカデミーポイントの消費を抑える」という必要はなかったかなとも思います。まあでも目安が分かったと言うことで、勉強代としては安い方でしょう(笑)。

残りのFCの使い方については無駄はないと判断しました。よかったよかった!



今年はあと、井口SPのスキルアップを考えています。さて、仕分け大臣の判断は・・・










継続!!予算が下りました!よかったよかった(笑)。


「予算数千円のデッキ作り」の参考にしてもらえると幸いです。






トレード企画で事実上のプレゼントをして下さった方が費やしたFCは含まれていません。また、特に去年は多くの方からたくさんのプレゼントをいただきました。デッキ作りが順調に進んだのはその方々のおかげです。
本当にありがとうございます。

次のスキルアップは・・・

9月6日からの1週間で、阿部森野SP廣瀬SPのスキルアップが完了し、WP825デッキ作りの目標のうち3つが一気に片づいてしまいました。

残りの目標は、

鳥谷(銀)の獲得
松田の獲得


としていましたが、実はあまり意欲が沸きません。



12吉田、鳥谷sp

ショートは今使っている吉田の方が守備力が高く、機動力も使えます。ホームランは打てませんが、打率は高く、十分な戦力として役に立っています。




12中西、松田

サードは今は中西を使っています。能力、コスト共に松田の方が良いですが、中西はミートが大きく上回っています。森野SPにつなぐ役目を担う打順では、このミートの高さ、ヒットを打つ能力は魅力的です。



ということで、鳥谷(銀)の獲得は廃案、松田の獲得は目標として残しておきますが、そこまで急がないということにしました。


では、これからは何に力を入れていくか?低WPリリーフのカードストックに熱を上げるか、それとも2013年度に向けてFPを貯めていくか?

これ以上スキルアップをするにしても、FPを大量に消費し、WPが跳ね上がる重ね合成はしたくないので、アカデミー、森野SP、景清SP、阿部、廣瀬SPの合成はなし。

そんな時に目に付いたのが、森野SP全力プレー3が付いた記事に寄せられたブラさんのコメント

次の打者にもつなぎ3が付いていたら、かなりヤバイですねwww



森野SPの次を打つのは井口SP

12井口sp

確かに、これにつなぎスキルが付けば凄いことになるのでは!?レベル3は僕にとっては高望み、レベル2でも泥沼にはまりそうなので、レベル1でOKということにします。


ということで、WP825デッキ作りの次の目標は、

井口SPつなぎ1を付ける

に決定です!!
まずは井口SPの2枚目を入手するところから、計画スタートです。

でっかい(?)球場

大きな反響を呼んでいるデッカイスタジアム、皆さんはもうプレーしましたか?

今までの球場だったら「打った瞬間ホームラン」という打球でも、スタンドに届かないことがよくありますね。ホームからの距離が比較的短いポール際ではフェンスが高く、なかなかスタンドインしません。



デッカイスタジアム

開発者がちょろっと言っていましたが、この球場のモデルとなった実在の球場があります。それは、


PNCパーク

PNCパーク

ペンシルベニア州、ピッツバーグ・パイレーツの本拠地です。
球場外の川に架かっている黄色い橋は、ロベルト・クレメンテ橋といい、パイレーツ一筋18年、地震の被災地に物資を届ける途中に事故で亡くなったロベルト・クレメンテにちなんでいます。

このクレメンテ、調べてみるとものすごい選手で、メジャー通算で
リーグMVP1回
ワールドシリーズMVP1回
首位打者4回
ゴールドグラブ賞12回(12年連続)
打率.317
安打3000本
本塁打240本

と凄い記録の数々です。恐ろしいほどの強肩で、その肩は「ライフルアーム」と呼ばれたほど。彼の付けていた背番号21はパイレーツの永久欠番です。


さて、このPNCパーク、デッカイスタジアムのモデルとなったのだからさぞかしデカいのだろうと思ってデータを見てみたら、

左翼99メートル、中堅122メートル、右翼98メートル

と平凡な広さ。参考にしたのはレイアウトだけのようです。






9月も半分が過ぎました。セ・パの争いの様子をまとめておきます。

まずはセ・リーグ

セ優勝ライン120915

巨人の優勝マジック6でもう優勝は間違いありません。一方ヤクルトのCS隠れマジック16。ヤクルトがやや有利ですが、4位広島とのゲーム差は2で、まだまだわかりません。


続いてパ・リーグ

パ優勝ライン120915

2位の西武に優勝への隠れマジック19が点灯(?)しています。CS争いも熾烈で、3位ソフトバンクと4位楽天、更に5位ロッテまで、チャンスは十分あります。パ・リーグはまだまだ熱いですね!

続きはこちら!

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
時計
プロフィール

まっさふみ

Author:まっさふみ
監督名:まっさふみ
巨人ファンですが純正デッキは作っていません。

所属クラブ:絶対的守護神
絶対的守護神ロゴ
リーダーのかず28号さんのブログはこちら

2012年度目標
①外野フルコンボ(済)
②正捕手にリード2以上(済)
③アカデミー育成。オール45以上(済)
WP825デッキ作りの目標
①阿部にリード2以上(済)
②岩瀬の獲得(済)
③森野SPに打撃スキル(済)
④廣瀬SPに打撃スキル(済)
⑤井口SPに打撃スキル(済)
鳥谷(銀)の獲得
⑥松田の獲得(済)
外野コンボ ターゲットは・・・
【3拍子枠】
 廣瀬純SP(済)
【打撃重視枠】
 景清SP(済)
【アカデミー枠】
 (済)
リード2 ターゲットは・・・
【高WP用】
 阿部慎之助(済)
【低WP用】
 和田どん(済)
アカデミー選手育成状況
目指せオール45!
ミート  53(達成)
パワー 46(達成)
バント  51(達成)
走力  52(達成)
肩    52(達成)
守備力 55(達成)
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。