スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月

最後にブログを更新してから3年、ファミスタオンラインのサービス終了から2年10ヶ月が経ちました。

時々懐かしくなってこのブログを見ることがあるのですが、アクセスカウンターを見ると毎日1~2人程度このブログを見てくださる方がいるようです。嬉しいことです。

そんな嬉しさの勢いに任せて記事を書いてみました。
今は2016年12月ですが、先日今年のMVPが発表されました。今のプロ野球界で活躍している選手たちは、ファミスタオンライン最終年の2013年にはどんなカードだったのか見てみます。

パ・リーグMVPは、日本ハムの大谷翔平
13大谷
二刀流として注目を集め続けるスーパースターです。
投げては10勝4敗、防御率1.86、打っては打率.322、22HR、67打点で日本ハムの逆転優勝に大きく貢献しました。
来年オフにメジャーに移籍するとか、協定で契約金が安すぎるからまだ行かないかもしれないとか、話題は尽きません。

2013年はルーキーイヤーで、ノーマルカードは投手として出されました。高校野球の県大会で記録した160キロが最速で、WP40と高卒ルーキーとしては高めでした。


13大谷_新人br
1年目は外野手としての出場も多く、野手カードは新人ブレイクカードとして出されています。肩がものすごいことになっていますね(笑)。



セ・リーグのMVPは広島の新井貴浩
13新井
2013年はまだ阪神に在籍していました。2015年から古巣広島に復帰し、
今年は中軸として打率.300、19HR、101打点を残し、広島の25年ぶりの優勝に貢献しました。広島の快進撃を表す「神ってる」という言葉も流行語大賞になりましたね。




更に遡っていくと、2015年のセ・リーグMVPはヤクルトの山田哲人
13山田
この年は打率.329、38HR、100打点、34盗塁トリプルスリーを達成。ホームラン王盗塁王のダブル獲得は史上初でした。トリプルスリーは今年も達成し、史上初の2回目、しかも2年連続での達成となりました。セカンドでこの打力は魅力的ですね。

2013年のノーマルカードはショートの適正しかなく、まだまだこれからの選手でした。



2015年パ・リーグのMVPはソフトバンクの柳田悠岐
13柳田
打率.363、34HR、99打点、32盗塁で山田と並んでトリプルスリーを達成しました。秋山との激しい争いを制して首位打者も獲得。両リーグからトリプルスリー達成者が出たということで、トリプルスリーはこの年の流行語大賞になりました。

2013年のカードは、まあ悪くはないですが平凡な能力ですね。




もっと遡って、2014年のセ・リーグMVPは巨人の菅野智之
13菅野
この年は入団2年目。12勝5敗、防御率2.33最優秀防御率を獲得し、貧打にあえぐ巨人を救いました。

2013年はルーキーイヤーで、大学時代に記録した157キロがそのまま能力に反映されています。プロでの実績がなかったのでどうしても能力は抑えめになってしまいますね。




パ・リーグMVPはオリックスの金子千尋
13金子
優勝したのはソフトバンクでしたが、デッドヒートを繰り広げた2位オリックスからの選出となりました。
16勝5敗、防御率1.98最多勝最優秀防御率を獲得。

2013年時点で球界を代表するピッチャーで、バランスの良いカードでした。





2013年はファミスタオンライン最終年だったので、MVPカードは作成されています。
セ・リーグMVPはヤクルトのバレンティン
13バレンティンMVP
打率.330、60HR、131打点でホームランのシーズン日本記録を塗り替えました。この年の長打率.779も日本記録です。
チームは最下位でしたが、ついに55本の壁を破ったことが評価されてのMVP受賞でした。





パ・リーグMVPは楽天の田中将大
13田中MVP
24勝0敗1セーブ、防御率1.27。驚異的な成績で楽天を初のリーグ優勝、日本一に導きました。最多勝最優秀防御率の二冠で、5ヶ月連続月間MVPを受賞。通算12回の月間MVPもプロ野球記録です。この年は毎月田中のレインボーカードが出ていましたね。


振り返ってみると、やっぱりプロ野球は毎年面白いですね。来年も期待しちゃいます。
スポンサーサイト

ファミスタオンラインを振り返る 2008

終焉を迎えるファミスタオンラインを、少しずつ振り返ってみたいと思います。これまでの自分史ほど内容のあるものを書く気力がないので、さら~っといきます(笑)。


僕がファミスタオンラインを始めたのは2008年。
野球界では、岩隈21勝を挙げた年です。
08岩隈

打者では内川が右打者歴代最高打率となる.378で首位打者を獲得しました。
08内川

北京オリンピックでは星野ジャパンがメダルを逃す4位。セ・リーグでは巨人が阪神との最大13ゲーム差をひっくり返して優勝。「メーク・レジェンド」を達成しました。


ファミスタオンラインに話を移すと、スーパースピードペナント(SSP)やタイトルホルダー専用スキルが実装され、ブレイク選手ファミスタMVPが初めてリリースされました。そして、ゲームバランスを一変させたチーム愛が実装されたのもこの年です。能力インフレの大きな一歩を踏み出した年でした。


注目カードを思い返すと、ダルビッシュがこんな感じの能力になったのも2008年からです。
08ダルビッシュ
2011年までの4年間、ダルビッシュが最強の投手として君臨し続けましたね。

打者では、高橋由伸のキャリアハイでした。
08由伸
2007年の起用法に倣って、1番打者として使っている人もよく見かけました。




ここで僕の思い入れの強いカードを3つ紹介します!
まずは、平野佳寿
08平野
この頃はまだ先発でした。球威は47あり、かなりコスパの良いカードだと思います。
この年は僕は先発投手として、リオス田中将大金子千尋といったWP50のカードを使っていましたが、この平野はなかなか手に入れられずにいました。対戦相手が使っている平野を見ては、「平野いいな~、平野いいな~」とつぶやいていました。シーズン終盤のバレンタインスロットでやっと手に入れ、それからは先発1番手として活躍しました。今でも、WP50の先発投手を使おうと思ったときには真っ先に平野を選びます。それくらい大好きなカードでした。


次は、矢野SP
08矢野sp
スロットでゲットしたような気がします。リード3が付いたよだれの出そうなカードで、WP40のリリーフピッチャーをパワーアップさせて使っていました。前に書いた通り、先発はWP50であまり強くなかったので、リリーフ陣をパワーアップさせるリード3はとてもありがたいスキルでした。このカードがなければ、2008年のデッキ作りは全く違ったものになっていたでしょう。
矢野SPはそれから3年間、通年デッキの正捕手として君臨しました。


もう一枚は、福川
福川代打
本来は何の変哲もないカードですが、リードスキルを狙ってスキルアップをしていたら何と代打の切り札が付いてしまいました。スキル名の通り代打の切り札として登場させ、ミート+15、パワー+15の状態でブンブン振り回してもらいました(笑)。見た目のインパクトは絶大です。
このカードも、翌年以降も代打として通年デッキに組み込んでいました。



楽しい初年度を終え、2年目、2009年度のシーズンへと続いていきます・・・。

サービス終了

ご無沙汰しています。まっさふみです。

ついに、来年の2月28日をもって、ファミスタオンラインがサービス終了することが決まりました。
実は今年度に入ってからほとんどプレイしていませんでしたが、こうしてサービス終了という文字を見せられるとやはり寂しいですね。

残り2ヶ月ですが、サービス終了する前に、記念に試合をするかしないか、わかりません。
ブログを記念に更新するかどうか、わかりません。
ただ、しばらくはこのブログは残しておこうと思います。僕とコンタクトを取りたいと思ったときには、そんな方はいないと思いますが、適当にコメントしてください。




また会う日まで!!

トップテン!

31日のアップデートで、またまたスキルアップキャンペーンが始まりました。今回は特別に、アンケート選抜スキルアップということで、ユーザーにとったアンケートの結果をもとに対象スキルが決まりました。

今回はトップテンのうち、偶数位だったスキルが対象です。


スキルアップキャンペーン130131

どれも良いスキルですね。チャンスつなぎという昔ながらの打撃優良スキル、クリーンナップ、リード、内野コンボはデッキ構成を間違えなければ常に発動するという強力スキル。さすが人気上位スキルですね!
これらのスキルを付けたいと考えている人は、今が狙い時ですね。



さて、このキャンペーンは前後半に分かれていて、後半では奇数位のスキルが対象になります。どんなスキルが選ばれているか、予想してみました!

まず、元祖3大打撃優良スキルの残り一つ、固め打ち
そしてやはり、常に発動するスキルも魅力的です。それを考えると、インサイドワーク、バッテリー、外野コンボ、そしてなんといってもチーム愛

5連複はこの5つのスキルと予想します!


5連単の予想もしておきましょうか。
1番人気はやはりチーム愛でしょう。常時発動、追加補正効果有り(しかも8人分!)、全能力が上昇という異常なスキル。愛フルは強力です。

次は、インサイドワークと予想します。高WP投手にも効果があるので人気があると思います。
その次は固め打ち。1本打ってしまえばあとはずっと発動するので、チャンス、つなぎよりも人気があるのではないでしょうか。
その次は外野コンボ。内野よりも守備力、肩を重視したい外野手。内野コンボよりも人気があると予想できます。
最後にバッテリー。これもインサイドワークと同じで投手のWPに関係なく発動しますが、投手と捕手の両方に付けなければいけず、手間がかかるので人気は低めだと思いました。

ということで、僕の5連単!
1位 チーム愛
3位 インサイドワーク
5位 固め打ち
7位 外野コンボ
9位 バッテリー


当たるといいな(笑)

アンケートの選択肢にこれらのスキルは全部入ってましたっけ。入っていなかったら絶対に不正解なので悲しいのですが・・・。

2012年度最強ピッチャー達

少し遅くなりましたが、1月17日にリリースされたファミスタMVPカードの投手版を見てみようと思います。レベル4スキルでどのように変身するでしょうか!?




日本ハムからは、今年大ブレイクし、最優秀防御率MVPを獲得した吉川
12吉川FMVP

最も使えるスキルとも言われる尻上がりの最高レベル、ノリノリ投球が付きました。
無失点を続けていると1イニング毎に能力が上がっていきます。

1段階目
12吉川FMVP発動1

2段階目
12吉川FMVP発動2

3段階目
12吉川FMVP発動3

4段階目
12吉川FMVP発動4

WP45でここまでの能力になるとは強力ですね!ただしスタミナが少なく、長いイニング持つかが心配です。





次はサイドスローの館山
12館山FMVP

高WPリーグでは特に重宝されるスキルキラーが付きました。相手打者のスキルが発動していると、

12館山FMVP発動

威力が大幅アップ!変化量の上昇幅は小さいですが、スタミナ以外全ての能力が上がるのは嬉しいですね。





続いて、セ・リーグ最優秀防御率前田健太
12前田健FMVP

気迫が付きました。得点圏にランナーを背負うと発動します。

12前田健FMVP発動

これは手強い!チャンスを作ってからが本当の勝負です。







パ・リーグ最多勝摂津
12摂津FMVP

集中のレベル4、ZONEは打者が変わるたびに40%の確率で発動し、

12摂津FMVP発動

強い強い!特に左変化はS!何でもできる能力ですね。






パ・リーグ最多奪三振田中
12田中将FMVP

スキルはもちろんドクターK。2ストライクに追い込むと発動し、

12田中将FMVP発動

速いですねー。発動機会も相当多そうです。奪三振スキルって、ファミスタでは奪三振に関係ない球威がなぜか上がるんですよね。あまり深く考えない方がいいでしょうか(笑)。





この中だと摂津を使ってみたいです!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
時計
プロフィール

まっさふみ

Author:まっさふみ
監督名:まっさふみ
巨人ファンですが純正デッキは作っていません。

所属クラブ:絶対的守護神
絶対的守護神ロゴ
リーダーのかず28号さんのブログはこちら

2012年度目標
①外野フルコンボ(済)
②正捕手にリード2以上(済)
③アカデミー育成。オール45以上(済)
WP825デッキ作りの目標
①阿部にリード2以上(済)
②岩瀬の獲得(済)
③森野SPに打撃スキル(済)
④廣瀬SPに打撃スキル(済)
⑤井口SPに打撃スキル(済)
鳥谷(銀)の獲得
⑥松田の獲得(済)
外野コンボ ターゲットは・・・
【3拍子枠】
 廣瀬純SP(済)
【打撃重視枠】
 景清SP(済)
【アカデミー枠】
 (済)
リード2 ターゲットは・・・
【高WP用】
 阿部慎之助(済)
【低WP用】
 和田どん(済)
アカデミー選手育成状況
目指せオール45!
ミート  53(達成)
パワー 46(達成)
バント  51(達成)
走力  52(達成)
肩    52(達成)
守備力 55(達成)
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。